北海道厚真町にて調査を実施しました(淺野)

9月9日,北海道立総合研究機構林業試験場の調査に協力し,2018年9月に発生した胆振東部地震による地すべり地形や植生回復状況をドローンを使って調査しました(淺野助教)。
1年が経過しているとは思えないほど裸地が目立ちますが,被害を免れたり復旧の早かった水田では稲刈りの準備が行われていました。

Assit prof. Asano participated in investigation of Forest Research Institute, Hokkaido Research Organization for landslide and vegetation restoring at Atsuma town where Iburi Eastern Earthquake had hit on September 2018. Though 1 year has passed, landslide surfaces are seen all over the town. Farmers prepared for harvesting however in rice fields which landslide hadn’t hit or from which slided sediment had removed.

被災地の水田
地すべりの起こった斜面