「Presentation」カテゴリーアーカイブ

研究発表しました。New presentation

M2のPorte Leoが,11月7日から9日にかけてタイ・プーケットにて開催された2020 5th Asia Conference on Environment and Sustainable Development(ACEAD 2020)にオンラインで参加し,下記の学会発表を行いました。

Leo Porte “Regional planning for the revitalization of marginal villages in Japan: Case study of Senjo in Ehime Prefecture”, 2020 5th Asia Conference on Environment and Sustainable Development, November 7-9, 2020, Phuket, Thailand.

博士学位論文公聴会を実施しました(松本)

下記のとおり博士学位論文公聴会を実施しました。
Doctoral thesis defense for Mariko Matsumoto was held with the following schedule. 

松本 万里子
【論文題目】
フィリピンの固形廃棄物管理における地域資源を活用した環境教育と地域づくりに関する研究

【日時】
令和2年2 月6日(木)
February 6, 2020 (Thu) 14:30 ~16:00
【場所】
総合研究5号館2階中講義室(212号室)
2nd Floor Room no. 212, Research Bldg. No.5

日韓農村計画学会交流セミナー

2019年10月18日~20日,日韓農村計画学会交流セミナーが滋賀県大津市にて開催されました。西前教授,淺野助教,時任研究員,博士課程3年の松本は本国際セミナーの運営にあたり,西前教授は司会,淺野助教と時任研究員はそれぞれ研究発表を行いました。

JAPAN-KOREA RURAL PLANNING SEMINAR 2019 “Rural Revitalization and Environmental Conservation” was held from October 18 to 20 in Otsu city, Shiga prefecture. Prof. Saizen, Assist. Prof. Asano,  Dr Tokito and Ms Matsumoto (D3) attended this seminar.

10月19日の研究セミナーでは,京都大学生態学研究センターの谷内茂雄准教授や,総合地球環境学研究所の上原佳敏研究員,滋賀大学の松下京平准教授など,研究プロジェクト等で共同研究を行っている研究者も数多く登壇し,環境保全と地域活性化に関する活発な議論が展開されました。

また韓国農村計画学会からは,以前にLRPに所属していたDae-Sik Kim教授(Chungnam National University)とSeung-Jong Bae教授(Seoul National University)も参加し,お互いの近況を共有するとともに,今後の農村計画学の展開について充実した議論を交わしました。

Prof. Dae-Sik Kim (Chungnam National University)

本国際セミナーでは以下の研究を発表しました。
Satoshi Asano, Yoshitoshi Uehara, Takuya Ishida, Tohru Ikeya and Noboru Okuda
“Impacts of Eco-friendly Agriculture on Species Richness and Community Structure of Aquatic Organisms”
(General Presentation)

Shigeo Yachi, Satoshi Asano, Tohru Ikeya, Hiroyuki Ishibashi, Takuya Ishida, Yoshitoshi Uehara, Kenichi Wakita and Noboru Okuda
“Diversity of Community Revitalization Process and its Relation with Biodiversity in the Yasu-River Sub-Watershed”
(General Presentation)

Satoshi Asano
“Bioassessment at Inaccessible Areas with Unmanned Aerial System -Case Studies of Frog Spawns and Unbeknown Habitats of Butterfly-”
(Poster Presentation)

Minori Tokito, Satoshi Asano and Izuru Saizen
“Regional Differences of Land-use Effects on River-water Quality -Case Study of Yura River Watershed, Japan-”
(Poster Presentation)

エクスカーションにて現地の特徴を紹介する淺野助教

エクスカーションで訪れた滋賀県甲賀市小佐治地区

Poster presentation

FOSS4G 2019 KANSAI.KOBEでポスター発表をし,関西賞をいただきました 。

Tsutsumida N., Percival J.,  Murakami D., Yoshida T., Nakaya T. (2019) Interactive mapping for geographically weighted correlation in big census data, FOSS4G 2019 KANSAI.KOBE, October 2019, Kobe, Japan (Kansai award)

Special lecture by Dr. Candra

外国人共同研究員のCandraさんが特別講義を行いました(10月16日)。地球資源生態系管理論の講義の中で世界各国のメガシティの都市化とその一般的な課題について説明したうえで,インドネシアのジャカルタ大都市圏,バンドゥン大都市圏の発展から起こりえる今後の環境問題についてレクチャーした後,約1時間に渡って学生さんと自国の大都市の都市化による課題について議論をしました。

Dr. Candra (Foreign co-researcher in LRP) had the special lecture regarding urbanization and induced issues for master course students at GSGES, Kyoto university on October 16. She introduced Jakarta-Bandung metropolitan areas and its future perspectives. Then she discussed with students about characteristics of their countries’  mega-cities.

Presentation at SPSD 2019, Chiba

D3のRichaとSonamが,8月30日から9月1日にかけて千葉大学で開催されたInternational Conference 2019 on Spatial Planning and Sustainable Developmentに参加し,学会発表を行いました。

Sonam Sahu and Izuru Saizen
Spatial Planning and Climate Change: the case of Mumbai Metropolitan Region, India

Richa Kandpal and Izuru Saizen
Developing a socio-institutional approach towards peri-urban planning – A step towards Sustainable Development Goals for India

Presentation

国際シンポジウム「レジリエントな低炭素社会の構想」

IPCCの京都開催にちなみ,6月27日に京都大学で国際シンポジウム「レジリエントな低炭素社会の構想」が開催されました。本研究室からは,D3のSonamとRicha,M2のJingが各自研究成果や研究経過をポスター発表で報告しました。またM1のLeo,Hana,特別聴講生のNiの3人は研究室紹介のポスターを作成し,本シンポジウムで発表しました。
会場には研究科の垣根を超えて多くの学生が集まったほか,外部の企業やNGO/NPO,自治体関係者等も参加しており,ポスター会場はおおいに盛り上がっていました。

On June 27th, the International Workshop on Visions of a Low-carbon and Resilient Society was held in Kyoto University. Sonam, Richa, and Jing gave the poster presentation based on their research results. And Leo, Hana, and Ni made an introduction poster of our Lab.

Presentations at JpGU 2019

We delivered three presentations at JpGU 2019.

  1. Rodriguez-Veiga P and Tsutsumida N. Detecting and quantifying forest dynamics using SAR time-series data in Indonesia, JpGU 2019, Chiba, 30 May 2019.
  2. Rodriguez-Veiga P, Paola Barbosa-Herrera , Cabrera E.,  Galindo G., Louis V., Lozano P., Ana Maria P.P., Pachon-Cendales H., Nelso Ricardo S. and Balzter H. Quantity and spatial distribution of aboveground biomass carbon in Colombia’s forest, JpGU 2019, Chiba, 30 May 2019.
  3. Tsutsumida N., Nagai S.,Rodriguez-Veiga P, Miura T. Landsat-based Phenological Classification Mapping in Japan,  JpGU 2019, Chiba, 30 May 2019.

京都大学 IPCC Week 2019

京都大学では,2019 年にIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第49 回総会が京都で開かれることを機に,京都⼤学IPCC ウィークス2019が開催されました。5月11日(土)には若手研究者たちと山極壽一総長の「未来を担う若手研究者と地球社会の持続可能な発展に向けた対話」をテーマにした座談会が行われ,研究室からはSonam Sahu(D3)が参加しました。Sonamの研究報告タイトルは下記の通りです。

Sonam Sahu
気候目標と途上国:インドを事例とした考察
Climate Targets and Developing countries: discussing the Indian context

なお,総長との座談会に出席した14名の若手研究者の発表資料は,Web上でも公開されています

In 2019, from May 6 to 13th, the 49th General Assembly of the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) will be held in Kyoto City. Taking this opportunity, the International Strategy Office (iSO-KU) and the Kyoto University Research Administration Office (KURA) organized “Kyoto University IPCC Week 2019“. During IPCC week, the roundtable discussion between President Juichi Yamagiwa and Kyoto University’s young researchers was also held in Kyoto International Conference Hall. The topic was sustainable development and future of global society. From our Lab, Sonam Sahu (D3 student) participated in this event and gave a research presentation.

Sonam Sahu “Climate Targets and Developing countries: discussing the Indian context
IPCC week, Dialogue with President Juichi Yamagiwa: “How we, as young researchers, want to achieve sustainable development”, May 11, 2019.