日韓農村計画学会交流セミナー

2019年10月18日~20日,日韓農村計画学会交流セミナーが滋賀県大津市にて開催されました。西前教授,淺野助教,時任研究員,博士課程3年の松本は本国際セミナーの運営にあたり,西前教授は司会,淺野助教と時任研究員はそれぞれ研究発表を行いました。

JAPAN-KOREA RURAL PLANNING SEMINAR 2019 “Rural Revitalization and Environmental Conservation” was held from October 18 to 20 in Otsu city, Shiga prefecture. Prof. Saizen, Assist. Prof. Asano,  Dr Tokito and Ms Matsumoto (D3) attended this seminar.

10月19日の研究セミナーでは,京都大学生態学研究センターの谷内茂雄准教授や,総合地球環境学研究所の上原佳敏研究員,滋賀大学の松下京平准教授など,研究プロジェクト等で共同研究を行っている研究者も数多く登壇し,環境保全と地域活性化に関する活発な議論が展開されました。

また韓国農村計画学会からは,以前にLRPに所属していたDae-Sik Kim教授(Chungnam National University)とSeung-Jong Bae教授(Seoul National University)も参加し,お互いの近況を共有するとともに,今後の農村計画学の展開について充実した議論を交わしました。

Prof. Dae-Sik Kim (Chungnam National University)

本国際セミナーでは以下の研究を発表しました。
Satoshi Asano, Yoshitoshi Uehara, Takuya Ishida, Tohru Ikeya and Noboru Okuda
“Impacts of Eco-friendly Agriculture on Species Richness and Community Structure of Aquatic Organisms”
(General Presentation)

Shigeo Yachi, Satoshi Asano, Tohru Ikeya, Hiroyuki Ishibashi, Takuya Ishida, Yoshitoshi Uehara, Kenichi Wakita and Noboru Okuda
“Diversity of Community Revitalization Process and its Relation with Biodiversity in the Yasu-River Sub-Watershed”
(General Presentation)

Satoshi Asano
“Bioassessment at Inaccessible Areas with Unmanned Aerial System -Case Studies of Frog Spawns and Unbeknown Habitats of Butterfly-”
(Poster Presentation)

Minori Tokito, Satoshi Asano and Izuru Saizen
“Regional Differences of Land-use Effects on River-water Quality -Case Study of Yura River Watershed, Japan-”
(Poster Presentation)

エクスカーションにて現地の特徴を紹介する淺野助教
エクスカーションで訪れた滋賀県甲賀市小佐治地区