論文がアクセプトされました(松本)

以下の論文がアクセプトされました。12月に日本大学にて開催される(一社)環境情報科学の環境研究発表会にて口頭発表もされる予定です。

松本万里子・西前出・島田幸司,固形廃棄物管理に関する環境教育プログラムにおける知識習得と友人ネットワークの関係 ―フィリピン・カランバ市の小学校を事例として (The Relationship between Knowledge Acquirement in an Environmental Education Program Related to Solid Waste Management and Friendship Network – Case Study of an Elementary School in Calamba City, the Philippines)

Research presentation

Master course student Stanny made a presentation at the 3rd International Conference of AGLE – IGU 2019.

Stanny A.Y., Saizen I., Tsutsumida N.,  Barus B., Pravitasari A.E. Past and Future Changes in Urban Areas and Paddy Fields in Bandung Metropolitan Area using Landsat Time Series, The 3rd International Conference of AGLE – IGU 2019, Bogor, Indonesia.

日韓農村計画学会交流セミナー

2019年10月18日~20日,日韓農村計画学会交流セミナーが滋賀県大津市にて開催されました。西前教授,淺野助教,時任研究員,博士課程3年の松本は本国際セミナーの運営にあたり,西前教授は司会,淺野助教と時任研究員はそれぞれ研究発表を行いました。

JAPAN-KOREA RURAL PLANNING SEMINAR 2019 “Rural Revitalization and Environmental Conservation” was held from October 18 to 20 in Otsu city, Shiga prefecture. Prof. Saizen, Assist. Prof. Asano,  Dr Tokito and Ms Matsumoto (D3) attended this seminar.

10月19日の研究セミナーでは,京都大学生態学研究センターの谷内茂雄准教授や,総合地球環境学研究所の上原佳敏研究員,滋賀大学の松下京平准教授など,研究プロジェクト等で共同研究を行っている研究者も数多く登壇し,環境保全と地域活性化に関する活発な議論が展開されました。

また韓国農村計画学会からは,以前にLRPに所属していたDae-Sik Kim教授(Chungnam National University)とSeung-Jong Bae教授(Seoul National University)も参加し,お互いの近況を共有するとともに,今後の農村計画学の展開について充実した議論を交わしました。

Prof. Dae-Sik Kim (Chungnam National University)

本国際セミナーでは以下の研究を発表しました。
Satoshi Asano, Yoshitoshi Uehara, Takuya Ishida, Tohru Ikeya and Noboru Okuda
“Impacts of Eco-friendly Agriculture on Species Richness and Community Structure of Aquatic Organisms”
(General Presentation)

Shigeo Yachi, Satoshi Asano, Tohru Ikeya, Hiroyuki Ishibashi, Takuya Ishida, Yoshitoshi Uehara, Kenichi Wakita and Noboru Okuda
“Diversity of Community Revitalization Process and its Relation with Biodiversity in the Yasu-River Sub-Watershed”
(General Presentation)

Satoshi Asano
“Bioassessment at Inaccessible Areas with Unmanned Aerial System -Case Studies of Frog Spawns and Unbeknown Habitats of Butterfly-”
(Poster Presentation)

Minori Tokito, Satoshi Asano and Izuru Saizen
“Regional Differences of Land-use Effects on River-water Quality -Case Study of Yura River Watershed, Japan-”
(Poster Presentation)

エクスカーションにて現地の特徴を紹介する淺野助教
エクスカーションで訪れた滋賀県甲賀市小佐治地区

西条市・千町まつりに参加しました(西前・時任・Leo)

2019年10月6日,LRPの主要研究対象地の一つである愛媛県西条市の千町地区にてお祭りが開催され,西前教授,時任研究員,修士1回生のLeoが参加しました。千町まつりは毎年10月の第一日曜日に開催されている地域の伝統的なお祭りです。

過疎化や高齢化は地方農村において大きな問題となっていますが,千町地区も例外ではありません。千町祭りに参加する地域住民の数は年々減少し,参加者の多くも高齢化しています。かつては地域の若者が神輿を担ぎ,広大な千町棚田を下から上まで練り歩いたそうですが,近年では担ぎ手が不足し,神輿もトラクターに乗せて集落をまわるようになっていました。
そこで今年は,西前教授やLeoをはじめ,西条高校の高校生や教職員,その他千町での活動に関わる仲間が,千町祭りの神輿をもう一度担ごうと集結。小雨の降る中ではありましたが,久しぶりに担がれた神輿は一段と輝かしく,千町祭りは大いに盛り上がりました。

愛媛県西条市の祭りといえば,豪華絢爛なだんじりが並ぶ伊曽乃神社の例大祭や,太鼓祭りが圧巻の飯積神社祭礼などが有名ですが,それだけではなく,千町祭りのように,西条では地域コミュニティ一つひとつにお祭りの文化が根付いています。今回の千町まつりへの参加は,地域住民の皆さんといつも以上にコミュニケーションをとれる大切な時間になったと同時に,地域においてお祭りが果たしている大切な役割を直に感じ,学ぶことのできる貴重な経験となりました。

現在Leoは,地球環境学舎のインターンシップとして千町地区に住み込み,研究活動をしています。

WELCOME PARTY

LRPでは10月より新たに1名の修士学生Alfinくん(Double Degree Student)を迎え,新体制での新学期がスタートしました。
This fall semester, we welcomed a new master course student (Double Degree student), Mr. Alfin Murtadho from IPB University (Bogor Agricultural University), Indonesia.

Presentations at IAG’i in GISA

GIS学会(GISA)の国際セッション(IAG’i)で以下の発表を実施しました。

Utami N.P. and Tsutsumida N. Spatial analysis of land cover fraction and land surface temperature in Jakarta, Indonesia, submitted to the International Association of Geo-informatics (IAG’i), 19th October, Tokushima, Japan 

Zhao J. and Tsutsumida N., Changes in built-up areas and population in a typical mountainous region—a case study of Liping county, southwest China, submitted to the International Association of Geo-informatics (IAG’i), 19th October, Tokushima, Japan 

Percival J., Tsutsumida N., Murakami D., Yoshida T., Nakaya T.Exploring spatial scale by interactive map for geographically weighted correlation, submitted to the International Association of Geo-informatics (IAG’i), 19th October, Tokushima, Japan 

Poster presentation

FOSS4G 2019 KANSAI.KOBEでポスター発表をし,関西賞をいただきました 。

Tsutsumida N., Percival J.,  Murakami D., Yoshida T., Nakaya T. (2019) Interactive mapping for geographically weighted correlation in big census data, FOSS4G 2019 KANSAI.KOBE, October 2019, Kobe, Japan (Kansai award)

Special lecture by Dr. Candra

外国人共同研究員のCandraさんが特別講義を行いました(10月16日)。地球資源生態系管理論の講義の中で世界各国のメガシティの都市化とその一般的な課題について説明したうえで,インドネシアのジャカルタ大都市圏,バンドゥン大都市圏の発展から起こりえる今後の環境問題についてレクチャーした後,約1時間に渡って学生さんと自国の大都市の都市化による課題について議論をしました。

Dr. Candra (Foreign co-researcher in LRP) had the special lecture regarding urbanization and induced issues for master course students at GSGES, Kyoto university on October 16. She introduced Jakarta-Bandung metropolitan areas and its future perspectives. Then she discussed with students about characteristics of their countries’  mega-cities.

Farewell & Welcome party

卒業式の翌日,2019年9月25日に,研究室の送別会&歓迎会を開催しました。
今期は,博士課程を修了したRichaとSonam,Double Degree Programにおける京都大学での一年間を完了したYuri,短期聴講プログラムを終了したNi,東大へ異動になった原研究員の,総勢5名の送別会となりました。
また,9月から助教に着任された淺野悟史助教の歓迎会と同時開催となりました。
それぞれの新天地でのさらなる活躍を祈って!

We had a welcome and farewell party on September 25th.
The new comer is Dr Satoshi Asano who is newly assigned to Assistant professor of our labratory. And we celebrated the graduation of Richa, Sonam, Ni, Yuri and Hara-kun. We wish you all the best in the new chapter of your life!!

地球環境学舎 秋季修了式

2019年9月24日,京都大学秋季学位授与式および地球環境学舎秋季学位授与式が執り行われました。LRPからは,Richa,Sonamが博士後期課程を修了し,博士(地球環境学)の学位を授与されました。
また,特別聴講生のNiは6か月間のプログラムを完了し,地球環境学舎学位授与式と同時開催された特別聴講生修了式にて,修了証を授与されました。

On 24 September, the 2019 doctorate graduation ceremony was held at the Clock Tower Centennial Hall. Richa and Sonam got Ph.D. degree and graduated GSGES.
The certification ceremony of GSGES spring semester course was happening at the same time as GSGES graduation ceremony. Ni compleated the course and received the certification.

卒業するRicha,Sonam,Niと西前先生
LRPメンバーで

京都大学大学院 地球環境学堂 地域資源計画論研究室