LRP members won the poster award of Kyoto university international symposium

We are pleased to inform that Max and Tushar won the poster award of the Kyoto University International ONLINE Symposium 2021 on Education and Research in Global Environmental Studies in Asia.


Best Poster
(Research field of Rural and Urban Development)

Maximilian Prutsch
A study on the impact of traditional Japanese shopping streets “Shōtengai” on the walkability of Japanese cities.

Excellence Poster
(Research field of Rural and Urban Development)

Tusharkanti Kumar
Water management in a high-altitude cold desert region: Traditional systems and local innovations in Ladakh, India

2021年11月29日から30日にかけて開催された,京都大学国際シンポジウム the Kyoto University International ONLINE Symposium 2021 on Education and Research in Global Environmental Studies in Asiaにて,LRPの2名の学生がポスター賞を受賞しました。

<ベストポスター賞>
Maximilian Prutsch(修士課程1年)
A study on the impact of traditional Japanese shopping streets “Shōtengai” on the walkability of Japanese cities.

<ポスター賞>
Tusharkanti Kumar(博士課程2年)
Water management in a high-altitude cold desert region: Traditional systems and local innovations in Ladakh, India

論文がアクセプトされました A journal paper has accepted

冷温帯自然林の環境指標生物として有効と考えられるルリクワガタ属昆虫の効果的な定量調査手法を開発し,従来の採集法との比較,誘引に用いるメス個体の要件,他種に対する誘引効果について検証を行いました。

The cool-temperate forests locating at high-altitude zone in Japan is one of vulnerable zones to climate changes. The presented study discussed the way of the quantitative assessment of Platycerus stag-beetles with female-attracted flight interception traps (FIT) toward proposing a method of quantitative assessment without expertized techniques. Compared with the sweeping on sprouting broad-leaves trees, Platycerus males were collected more efficiently, and the position of setting FITs had few effects on the results. On the other hand, it was revealed that un-mated females of the species in closed taxonomic groups are required for the investigation. Quantitative assessments with number and working-time of traps are expected.

ルリクワガタ属の雌個体を用いた誘引型衝突板トラップによる定量調査,環境情報科学論文集35,pp.262-267.

淺野悟史・時任美乃理・西前 出

Quantitative Assessments for Genus Platycerus stag-beetles (Coreoptera, Lucanidae) with Female-attracted Flight Interception Traps, Journal of Environmental Information Science, 35, pp. 262-267.

Satoshi ASANO, Minori TOKITO, and Izuru SAIZEN

雌入りFITに誘引されたトウカイコルリクワガタ♂

Presentation at the international conference 国際学会での発表を行いました。(Tusharkanti)

GLP 2021 Asia Conferenceにて,博士課程のTusharkantiくんがオンライン発表を行いました。Doctoral course student, Mr. Tusharkanti, conducted oral presentation at GLP 2021 Asia Conference (Online).

Kumar T. Saizen I. Role of socio-hydrological relationship in sustainable development planning of cold desert mountainous region – Case of Ladakh, India, GLP 2021 Asia Conference (online), Sep. 16, 2021.

 

【メディア掲載】愛媛県西条市での取り組みが愛媛新聞等で紹介されました

先日,西条高校との高大連携事業の一環として開催した『西条高校×京都大学・高知大学サイエンスキャンプ2021  実践的フィールドサイエンスを知る~農村地域の暮らしと生物資源~』(2021年8月4日・5日)の模様が,愛媛新聞(8月21日付)等各種メディアで紹介されました。

西条高校×京都大学・高知大学サイエンスキャンプ2021 を開催しました high school science camp in Saijo

『西条高校×京都大学・高知大学サイエンスキャンプ2021  実践的フィールドサイエンスを知る~農村地域の暮らしと生物資源~』を主催しました(2021年8月4日・5日)。
今年度は,高知大学農林海洋科学部生物多様性管理学研究室の皆さん(鈴木紀之准教授ら)との共催,西条市後援,という新体制での実施となりました。

本サイエンスキャンプでは,さまざまな地域情報を科学的目線でひも解く方法を学びます。地域にある資源(自然資源や地域知)を見つけ,知り,それらを上手に活用した持続的な地域社会の発展のあり方を考えることで,科学の成果を現場に還元する “実践的フィールドサイエンス”を学んでいくキャンプです。今年度は特に,“人の暮らし”と“生物資源”に焦点を当てたフィールドワークを行いました。

特別講義:フィールドサイエンスって?
特別講義:過疎・高齢化ってなぜ問題?
特別講義:水田の生き物からみる農村
特別講義:地域の天敵を使った害虫の防除
害虫や天敵を実際に見てみると…
集落を歩きながら陸上昆虫のサンプリング
なぜその生き物がそこにいるのか?生き物から地域の暮らしを考える
採集した昆虫は標本に
バンブーグリーンハウス(BGH)プロジェクトやその後の利用状況について聞き取り
地域の方からお話をうかがう
BGHの周辺で見つかった昆虫を観察
地域の方からお話をうかがう
水田にて生き物のサンプリング
水田にて生き物のサンプリング
ソーティング(生物の拾い出し)
ソーティング(生物の拾い出し)
グループごとに発表準備
グループごとに発表準備
発表会・ディスカッション
閉校式・修了証授与

愛媛県西条市千町におけるLRPの研究活動についてはこちら
フィールド紹介ノート(愛媛県西条市千町)
千町冬みずたんぼプロジェクト
千町バンブーグリーンハウスプロジェクト

論文が公開されました

シカによる植生劣化が土壌流出を引き起こすことを実証した論文が公開されました。

“The risk reduction effect of sediment production rate by understory coverage rate in granite area mountain forest”, Scientific Reports volume 11, Article number: 14415 (2021)

Toshiaki Mizuno, Nagahiro Kojima & Satoshi Asano 

論文がアクセプトされました papers are accepted

総合地球環境学研究所との共同研究による成果です。
 
 
“Rice paddy irrigation seasonally impacts stream benthic macroinvertebrate diversity at the catchment level”
Chia-Ying Ko, Satoshi Asano, Meng-Ju Lin, Tohru Ikeya, Elfritzson Peralta, Triño Ellis, Yoshitoshi Uehara, Takuya Ishida, Tomoya Iwata, Ichiro Tayasu, and Noboru Okuda.
In Ecosphere, accepetd.


“Community capability building for environmental conservation in Lake Biwa (Japan) through an adaptive and abductive approach”
Yasuhisa Kondo, Eiichi Fujisawa, Kanako Ishikawa, Satoe Nakahara, Kyohei Matsushita, Satoshi Asano, Kaoru Kamatani, Kei Kano, Terukazu Kumazawa, Kenichi Sato, and Noboru Okuda.
In Socio-Ecological Practice Research, accepted.

京都大学大学院 地球環境学堂 地域資源計画論研究室