Research

English

地域資源計画グループでは、国内外のフィールドを訪れ、その場所にある地域資源を上手に活用し、望ましい開発や発展のあり方を模索しています。「地域計画学」は文理融合型の学問であり、文系理系に捉われない幅広い知識が要求されます。なかでも地理学、地域分析、統計学、地理情報技術などは地域情報から新しい知見を導き出す上で不可欠なものであらかじめ習得しておくことが望ましいです。以下に最近の研究テーマを記しています。研究テーマによっては環境経済学、環境政策学、都市計画学、農村計画学、社会学なども学習する必要があります。

地球環境問題は広範に渡る課題で、私たちには身近には感じにくいものですが、具体的にフィールドにでてみると、そこに根付く様々な課題が見えてきます。地域の人と語り合い、文化や歴史を尊重しながら研究を進めていけば複雑な問題が少しずつ解けてきて本質や解決策を導き出すことができます。

研究テーマ・手法

フィールド調査にもとづく地域分析

フィールドワークやアンケート調査などから地域計画の基本となる地域の自然・社会特性を明らかにします。See more…

空間情報技術をもちいた
地域環境モニタリング

国内外の都市・農村周辺を対象に、リモートセンシング・GISを用いた土地利用変化分析や社会・経済的視点からのモデリングを通じて、適切な土地利用の誘導方策を探ります。地理情報技術、空間統計学、多変量解析等の知識が求められます。See more…


Many rural areas especially in developing countries are facing environmental problems such as deforestation, poverty, desertification, soil erosion, and etc. The solution should be found out and sustainable development should be realized.

We are pursuing to realize Sustainable Rural Development (especially in developing countries) by taking full advantage of existing regional resources, such as human, natural, historical resources, and so on.

The purposes of research are mainly;

  1. To find out the solutions to global/regional environmental problems through the appropriate evaluation and effective utilization of regional resources
  2. To propose concrete plans for stakeholders based on the academic evidence to realize sustainable development

We are generally conducting research activities by both GIS/RS and field surveys.

Our study approaches are;


Publication list

京都大学大学院 地球環境学堂 地域資源計画論研究室