Monitoring/Analysis of Regional Environments by GIS/RS

English

空間情報技術をもちいた
地域環境モニタリング

国内外の都市・農村周辺を対象に、リモートセンシング・GISを用いた土地利用変化分析や社会・経済的視点からのモデリングを通じて、適切な土地利用の誘導方策を探ります。地理情報技術、空間統計学、多変量解析等の知識が求められます。

進行中のプロジェクト
・時系列衛星画像をもちいた都市域拡大モニタリング(インドネシア)
・気候変動レジリアンス評価(インド・フィリピン)
・土地被覆分類の空間精度分析
・土地被覆にもとづく植生の季節変動解析
・地域統計情報を用いた空間データマイニング

完了したプロジェクト
・インドネシア ジャボデタベックの空間モデリング
・モンゴル,ウランバートルの都市域拡大とその影響
・写真測量を用いた植生変化量の推定と応用
・半乾燥地域における社会的,生態的適合性のある砂漠化対処法の開発


For the implementation of appropriate regional planning for managing environments, land use/cover is modelled by using GIS/RS.

Current works:
・Monitoring of urban expansion by multi-temporal RS data (Indonesia);
・Evaluation of resilience for climate changes (India, Philippines);
・Spatial accuracy analysis of land cover classification;
・Spatial data mining of local statistical data.

Competed projects:
・Impact of Land-Use Changes of Urban Expansion in Jabodetabek, Indonesia
・Monitoring urban expansion and its effects in Ulaanbaatar, Mongolia.


ABOUT LRP
RESEARCH TOPICS
PUBLICATIONS

京都大学大学院 地球環境学堂 地域資源計画論研究室