農村計画学会国際セミナーに参加しました。Online Arp International seminar

2月27日(土)に開催された農村計画学会国際セミナー(オンライン開催)に西前教授と時任研究員が参加しました。西前教授はセッションBの司会を,時任研究員が以下の研究発表を行いました。

Tokito M. The impact of livelihood changes on biodiversity loss: evaluation of the land-use diversity in rural area of central Vietnam

書籍が出版されました。New Academic book is published

総合地球環境学研究所での5年間のプロジェクト「生物多様性が駆動する栄養循環と流域圏社会─生態システムの健全性」の成果をまとめた学術本が出版されました。流域管理に関するこれまでに無い知見と精緻なフィールド調査に基づく新しい視点が多く含まれています。西前教授と淺野助教が分担執筆しています。

New academic book has been published, which is including the achievements of RIHN project called “Biodiversity-driven Nutrient Cycling and Human Well-being in Social-Ecological Systems”. Prof. Saizen and Assist. Prof. Asano are contributing some sections in this book. This book is developing new research insights of watershed management based on diligent field surveys showing the case studies at Biwa lake in Japan and Laguna lake in the Philippines.

 

西条高校と英語でのオンライン発表練習の交流を行いました。online Presentation practice by Saijo high shcool students was conducted

1月8日(金)に西条高校とオンラインでの発表練習を行いました。西条高校はSGHのプログラムの一環で,この経験を元にイギリスでのオンライン発表を行います。西条高校からは,物理,化学,地学,生物に関する4つの研究発表が英語にて行われました。LRPのメンバー10名に加え,小林広英先生ご指導の留学生2名,真常先生ご指導の留学生1名が参加し,発表に対する講評を行いました。今後もこうした交流が,西条市でのLRPの研究活動に有機的に発展していくことが期待されます。

シンポジウムで研究発表をしました。New presentations

11月30日から12月1日にかけて開催された国際シンポジウム,Kyoto University International ONLINE Symposium 2020 on Education and Research in Global Environmental Studies in Asiaにおいて,西前教授とM2のLeo,Hana,特別聴講生のAnoragaが下記の研究発表を行いました。その他,関連発表も記載しています。

  • Izuru Saizen “Possibilities for Rural Revitalization by Maximum Utilization of Reginal Resources; New Insights in Japan, case of a Village in Ehime Prefecture”, Kyoto University International ONLINE Symposium 2020 on Education and Research in Global Environmental Studies in Asia. Dec. 1, 2020.
  • Leo Porte “Study on Sustainable Land Use Planning for the Revitalization of Senjo Marginal Village”, Kyoto University International ONLINE Symposium 2020 on Education & Research in the Global Environmental Studies in Asia. Dec. 1, 2020.
  • Kamasela D.F., Saizen I., Tsutsumida N., Boontanon S.K. Statistical Cluster Detection of Built-up Area Changes using SaTScan – A case of Jabodetabek, Indonesia. Kyoto University International ONLINE Symposium 2020 on Education & Research in the Global Environmental Studies in Asia. Dec. 1, 2020.
  • Jayayu A., Rustiadi E., Pribadi D. O. A Quantitative Approach on Characterizing the Changes and Managing Urban Form for Sustaining the Suburb of Mega Urban Region: The case of North Cianjur.  Kyoto University International ONLINE Symposium 2020 on Education & Research in the Global Environmental Studies in Asia. Dec. 1, 2020.
  • Sengxayalath P., Vyraphet P., Vongkhamchanh B., Saizen I. Effect of Supplement Cassava Root Silage on Growth Performance of Native Pig. Kyoto University International ONLINE Symposium 2020 on Education & Research in the Global Environmental Studies in Asia. Dec. 1, 2020.
  • Tran T.A., Venkatesh R., Nguyen V.L., Saizen I., Tsutsumida N. Flood Vulnerability Assessment for Rural District in Danang City, Vietnam. Kyoto University International ONLINE Symposium 2020 on Education & Research in the Global Environmental Studies in Asia. Dec. 1, 2020.

研究発表しました。New presentation

M2のPorte Leoが,11月7日から9日にかけてタイ・プーケットにて開催された2020 5th Asia Conference on Environment and Sustainable Development(ACEAD 2020)にオンラインで参加し,下記の学会発表を行いました。

Leo Porte “Regional planning for the revitalization of marginal villages in Japan: Case study of Senjo in Ehime Prefecture”, 2020 5th Asia Conference on Environment and Sustainable Development, November 7-9, 2020, Phuket, Thailand.

地球環境学舎 秋季修了式 2020

2020年9月23日,京都大学秋季学位授与式および地球環境学舎秋季学位授与式が執り行われました。LRPからは,Hongさんが博士後期課程を修了し,博士(地球環境学)の学位を授与されました。また,Lamさん,Yuri(DD生でインドネシアからオンライン出席)は修士課程を修了し,修士の学位を授与されました。Yuriは修士論文優秀発表賞を受賞したこともあり,卒業生代表として代表のスピーチも行いました。

On 23 September, the 2020 doctorate graduation ceremony was held at the Clock Tower Centennial Hall. Hong-san got Ph.D. degree and graduated GSGES. Lam-san and Yuri (Yuri was attending the ceremony online from Indonesia) got Master degree and Yuri gave the speech as a representative of master course students.

勝見学堂長と修了生(Lamさん(左から8番目),Hongさん(左から9番目),Yuri(モニタに写る2名のうちの左側)) なお,写真撮影の時のみ,マスクを外しています。

 

 

嵯峨野高校のフロリダ研修報告会に参加しました。Sagano High school students’ GLOBAL PRESENTATION

Collaboration event with Sagano High school students and LRP was held on Aug 4th.  Sagano High school students presented their environmental activities during their stay in Florida.  We have been collaborating for three years through the events with the school but we could not do it last March due to the COVID-19 effect. Finally, we could meet up online and enjoy the interaction in English.

昨年に引き続き,嵯峨野高校の高校生によるフロリダ研修報告会が開催され,LRPメンバーと人間環境設計論の学生が参加しました。アメリカ フロリダにて環境学習を経験した学生さん6名にその成果を英語で報告いただきました。なお,今年度は新型コロナウィルスの拡散防止のためオンライン形式にて実施されました。
嵯峨野高校とLRPの交流はこれで3年目になります。LRPの学生にとっても日本の高校生との交流は数少ない貴重な経験で,非常に有意義な時間となりました。

doctoral Dissertations Defense 博士学位論文公聴会

下記のとおり博士学位論文公聴会を実施しました。
なお今回の発表は新型コロナウィルスの拡散防止のため会場人数を限定し,zoomを使ったオンライン形式との同時開催で行われました。

The doctoral thesis defense for Nguyen Thi Hong was held with the following schedule. 

—–
Author:
Nguyen Thi Hong

Title:
Exploring Potential Utilities of Forest Ecosystem Services and Local Resources Towards Livelihood Improvement- The case of Back Ma National Park and its Buffer Zones in Vietnam 

Date/Time: August 3rd, 2020 (Mon) 13:00 ~14:30

Room: 2nd Floor Room no. 207, Research Bldg. No.14

京都大学大学院 地球環境学堂 地域資源計画論研究室