滋賀県東近江市愛知川にて調査を実施しました(淺野)

9月6日,滋賀県琵琶湖環境科学研究センターと,東京大学空間情報科学研究センターの共同研究で,愛知川の砂礫堆調査を実施しました(淺野助教)。
河川の自然な動きを取り戻すために実施された大規模な河床耕うんによって砂礫堆がどう変化していくかを,ドローン測量によって高頻度・高解像度でモニタリングしています。

Assit prof. Asano conduted investigation of sediment stock at Echi River with research members of Lake Biwa Environmental Research Institute and Center for Spatial Infomation Science, The University of Tokyo. This investigation aims high-frequency and high-desoltution monitering how the sediment stock has chaneged after a large-scaled culutivation for revitalization of natural rivers’ activities. UAV photogrametry method is employed for this research.

大規模な耕うんを行った砂礫堆