Tokito のすべての投稿

LRP members won the poster award of Kyoto university international symposium

We are pleased to inform that Max and Tushar won the poster award of the Kyoto University International ONLINE Symposium 2021 on Education and Research in Global Environmental Studies in Asia.

2021年11月29日から30日にかけて開催された,京都大学国際シンポジウム the Kyoto University International ONLINE Symposium 2021 on Education and Research in Global Environmental Studies in Asiaにて,LRPの2名の学生がポスター賞を受賞しました。


Best Poster ベストポスター賞
(Research field of Rural and Urban Development)

Maximilian Prutsch(修士課程1年)
A study on the impact of traditional Japanese shopping streets “Shōtengai” on the walkability of Japanese cities.

Excellence Poster ポスター賞
(Research field of Rural and Urban Development)

Tusharkanti Kumar(博士課程2年)
Water management in a high-altitude cold desert region: Traditional systems and local innovations in Ladakh, India

【メディア掲載】愛媛県西条市での取り組みが愛媛新聞等で紹介されました

先日,西条高校との高大連携事業の一環として開催した『西条高校×京都大学・高知大学サイエンスキャンプ2021  実践的フィールドサイエンスを知る~農村地域の暮らしと生物資源~』(2021年8月4日・5日)の模様が,愛媛新聞(8月21日付)等各種メディアで紹介されました。

西条高校×京都大学・高知大学サイエンスキャンプ2021 を開催しました high school science camp in Saijo

『西条高校×京都大学・高知大学サイエンスキャンプ2021  実践的フィールドサイエンスを知る~農村地域の暮らしと生物資源~』を主催しました(2021年8月4日・5日)。
今年度は,高知大学農林海洋科学部生物多様性管理学研究室の皆さん(鈴木紀之准教授ら)との共催,西条市後援,という新体制での実施となりました。

本サイエンスキャンプでは,さまざまな地域情報を科学的目線でひも解く方法を学びます。地域にある資源(自然資源や地域知)を見つけ,知り,それらを上手に活用した持続的な地域社会の発展のあり方を考えることで,科学の成果を現場に還元する “実践的フィールドサイエンス”を学んでいくキャンプです。今年度は特に,“人の暮らし”と“生物資源”に焦点を当てたフィールドワークを行いました。

特別講義:フィールドサイエンスって?
特別講義:過疎・高齢化ってなぜ問題?
特別講義:水田の生き物からみる農村
特別講義:地域の天敵を使った害虫の防除
害虫や天敵を実際に見てみると…
集落を歩きながら陸上昆虫のサンプリング
なぜその生き物がそこにいるのか?生き物から地域の暮らしを考える
採集した昆虫は標本に
バンブーグリーンハウス(BGH)プロジェクトやその後の利用状況について聞き取り
地域の方からお話をうかがう
BGHの周辺で見つかった昆虫を観察
地域の方からお話をうかがう
水田にて生き物のサンプリング
水田にて生き物のサンプリング
ソーティング(生物の拾い出し)
ソーティング(生物の拾い出し)
グループごとに発表準備
グループごとに発表準備
発表会・ディスカッション
閉校式・修了証授与

愛媛県西条市千町におけるLRPの研究活動についてはこちら
フィールド紹介ノート(愛媛県西条市千町)
千町冬みずたんぼプロジェクト
千町バンブーグリーンハウスプロジェクト

シンポジウムで研究発表をしました。New presentations

11月30日から12月1日にかけて開催された国際シンポジウム,Kyoto University International ONLINE Symposium 2020 on Education and Research in Global Environmental Studies in Asiaにおいて,西前教授とM2のLeo,Hana,特別聴講生のAnoragaが下記の研究発表を行いました。その他,関連発表も記載しています。

  • Izuru Saizen “Possibilities for Rural Revitalization by Maximum Utilization of Reginal Resources; New Insights in Japan, case of a Village in Ehime Prefecture”, Kyoto University International ONLINE Symposium 2020 on Education and Research in Global Environmental Studies in Asia. Dec. 1, 2020.
  • Leo Porte “Study on Sustainable Land Use Planning for the Revitalization of Senjo Marginal Village”, Kyoto University International ONLINE Symposium 2020 on Education & Research in the Global Environmental Studies in Asia. Dec. 1, 2020.
  • Kamasela D.F., Saizen I., Tsutsumida N., Boontanon S.K. Statistical Cluster Detection of Built-up Area Changes using SaTScan – A case of Jabodetabek, Indonesia. Kyoto University International ONLINE Symposium 2020 on Education & Research in the Global Environmental Studies in Asia. Dec. 1, 2020.
  • Jayayu A., Rustiadi E., Pribadi D. O. A Quantitative Approach on Characterizing the Changes and Managing Urban Form for Sustaining the Suburb of Mega Urban Region: The case of North Cianjur.  Kyoto University International ONLINE Symposium 2020 on Education & Research in the Global Environmental Studies in Asia. Dec. 1, 2020.
  • Sengxayalath P., Vyraphet P., Vongkhamchanh B., Saizen I. Effect of Supplement Cassava Root Silage on Growth Performance of Native Pig. Kyoto University International ONLINE Symposium 2020 on Education & Research in the Global Environmental Studies in Asia. Dec. 1, 2020.
  • Tran T.A., Venkatesh R., Nguyen V.L., Saizen I., Tsutsumida N. Flood Vulnerability Assessment for Rural District in Danang City, Vietnam. Kyoto University International ONLINE Symposium 2020 on Education & Research in the Global Environmental Studies in Asia. Dec. 1, 2020.

研究発表しました。New presentation

M2のPorte Leoが,11月7日から9日にかけてタイ・プーケットにて開催された2020 5th Asia Conference on Environment and Sustainable Development(ACEAD 2020)にオンラインで参加し,下記の学会発表を行いました。

Leo Porte “Regional planning for the revitalization of marginal villages in Japan: Case study of Senjo in Ehime Prefecture”, 2020 5th Asia Conference on Environment and Sustainable Development, November 7-9, 2020, Phuket, Thailand.

嵯峨野高校のフロリダ研修報告会に参加しました。Sagano High school students’ GLOBAL PRESENTATION

Collaboration event with Sagano High school students and LRP was held on Aug 4th.  Sagano High school students presented their environmental activities during their stay in Florida.  We have been collaborating for three years through the events with the school but we could not do it last March due to the COVID-19 effect. Finally, we could meet up online and enjoy the interaction in English.

昨年に引き続き,嵯峨野高校の高校生によるフロリダ研修報告会が開催され,LRPメンバーと人間環境設計論の学生が参加しました。アメリカ フロリダにて環境学習を経験した学生さん6名にその成果を英語で報告いただきました。なお,今年度は新型コロナウィルスの拡散防止のためオンライン形式にて実施されました。
嵯峨野高校とLRPの交流はこれで3年目になります。LRPの学生にとっても日本の高校生との交流は数少ない貴重な経験で,非常に有意義な時間となりました。

doctoral Dissertations Defense 博士学位論文公聴会

下記のとおり博士学位論文公聴会を実施しました。
なお今回の発表は新型コロナウィルスの拡散防止のため会場人数を限定し,zoomを使ったオンライン形式との同時開催で行われました。

The doctoral thesis defense for Nguyen Thi Hong was held with the following schedule. 

—–
Author:
Nguyen Thi Hong

Title:
Exploring Potential Utilities of Forest Ecosystem Services and Local Resources Towards Livelihood Improvement- The case of Back Ma National Park and its Buffer Zones in Vietnam 

Date/Time: August 3rd, 2020 (Mon) 13:00 ~14:30

Room: 2nd Floor Room no. 207, Research Bldg. No.14

修論発表会 MASTER’S THESIS PRESENTATION

地球環境学舎修士論文発表会が開催され,LRPからはPham Thi LamさんとYuri Ardhya Stannさん(Double Degree Program)が 修士研究の成果を発表しました。
なお今回の発表は新型コロナウィルスの拡散防止のためzoomを使ったオンライン形式で行われました。

The master thesis presentation was held on July 22nd using Zoom.  Lam and Yuri (Double Degree Program) presented their research results.

Pham Thi Lam
The study on livelihood adaptations of coastal fishers to extreme weather events -Case study of Quang Ngai province, Vietnam

Yuri Ardhya Stann
Mapping Loss of Paddy Fields due to Urban Expansion by Landsat Time Series in Bandung Metropolitan Area, Indonesia

博士学位論文公聴会を実施しました(松本)

下記のとおり博士学位論文公聴会を実施しました。
Doctoral thesis defense for Mariko Matsumoto was held with the following schedule. 

松本 万里子
【論文題目】
フィリピンの固形廃棄物管理における地域資源を活用した環境教育と地域づくりに関する研究

【日時】
令和2年2 月6日(木)
February 6, 2020 (Thu) 14:30 ~16:00
【場所】
総合研究5号館2階中講義室(212号室)
2nd Floor Room no. 212, Research Bldg. No.5